芳魂之塔

芳魂之塔

沖縄戦の中でも激戦地だった伊江島で犠牲になった島民約1500人と軍人約2000人が合祀され、島で戦闘が終結した4月21日に毎年平和祈願祭が行われています。
伊江島の戦闘は「沖縄戦の縮図」と言われ、日本軍による強制自決や、米軍に捕らえられた住民が日本兵に連行され斬殺されたといった話が多いなかで、住民に親しまれていた軍曹がいた話や、民間人はつまみだされたはずの軍の壕内で島民の遺体が見つかったことも。

前のページへもどる